ジャニブタ部 season2

不定期に送るジャニヲタじじいによる気まぐれな部活。

それはやっぱり君でした(和也の日💛🎮)

今月の17日は二宮和也さん38歳のお誕生日でーす!!

かず、おめでとう🎊

俺も、おめでとう🎊

自担のバースデーは俺のバースデーということで俺も179歳になりました!歳とるって怖ぇーなぁ笑笑。まま、俺のことはどうでも良くて。今回はね、和也の誕生日だから俺が好きな二宮和也伝説とかでも話していこうかなって思っています。簡単に言うとかずの話ね笑。俺は、かずの言葉のチョイスというかワードセンスが好きなんですよ。そこに二宮和也の魅力がたくさん詰まっていると俺は思ってるんでね。その魅力が特に引き出されていたと思えるのが、VS嵐でのファッションチェックでしたね。嵐の楽屋ノリっていうか素の嵐がわかる感じがして。特に俺が好きだったのが、かずがでっかいクマの洋服を着た時。ピンボールランナーでランナー役をした和也は自分の姿を見てお金持ちの家の壁ですね私って言ったんですよ!和也が言ったおかげでそのでっかいクマの洋服がもう家の壁にしか見えなくなったという笑笑。他にも例えツッコミとかたくさんある中でお金持ちの家の壁という言葉が出てくるのはかずのボキャブラリーの広さだなって思いますね。他にも全身ハートまみれの格好の時、オープニングで触れることができなかった翔くんは今日ハートにも程がないっすってかずに言ったんですよ。かずもかずで、これか私服かのチョイスしかないから私服で出るよりはちゃんと用意してもらった衣装で出た方がいいという優しさの塊で攻め衣装を着ていたんですよね。他にもね、スマホ早打ちしりとり対決とかで数々の名言を出しているんですよ。自分の自慢は写り具合だったり自分のいいところに顔って答えたり。和也はそれを嫌な顔1つせずに、むしろ恥ずかしがるとかなく堂々とするんだよね。かずのバラエティ力というか、かずらしさっていう感じが存分に出てて、俺好きなんよね。かずはね。バラエティだけじゃなくてドラマや映画にも出ていて。たくさん出ているかずは第38回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞するぐらいの実績の持ち主なんです。和也がたくさんの役を演じてるからこそ、先程の言葉のボキャブラリーの広さにも関わってくるのかなって。それがまた、和也が携わったりする曲に影響するのかなって。とっても器用だけど、時々失敗して不器用さが出たりもして。それが俺が大好きな二宮和也でありその姿だと思います。よく和也は先輩方に敬語を使わないことがあるんです。和也個人の見解として自分より年上の人は何をやっても先に死ぬから敬語を使わない。そこにも和也らしさが詰まってるんですよね。さっきも話したけど、かずは作詞作曲をしたりもします。かずの器用さは誰にでも負けない、強い武器だと思う。その器用さは、かずの特技でもあるマジックにも通用するし。歌声にも通用すると思っています。Are you Happy?ってアルバムに収録されてる曲で『Don't You Get It』があるんだけど。そのねラストに、かずがWOW WOW WOW Yeahって部分が俺めっちゃ好きで。かずの声って高めな方だからビブラートとかいいんですよ。綺麗なん、マジ。あとね、台風ジェネレーションって曲の冒頭でじゃあ行ってくるあっさよならじゃないよねまた会えるからってセリフがあって。いいんよね。ホンマに。嵐が活動休止前最後のライブの時にこの曲歌ったんやけどそんときのここのセリフかず溜めて言ったんよ。しかも笑みを浮かべて。もう死ぬかと思った。かずの優しさが混じった歌声はもう完璧よね。それにかずが書く歌詞とメロディも良くてファイトソングって曲があるんだけどね。これは嵐のみんなが作詞した曲なんだけど笑。盛り上がるアップテンポの曲なんよね。作曲したのがかずなんだけどね。ライブでも盛り上がる嵐の定番ソングだなぁ、って思います。あとね、かずが作詞・作曲した曲で虹って曲があるんだけど。ラブバラードっぽい感じで。いいんよね。ライブでかずがピアノ弾きながら歌ってたんだけどもう最高だった。最後にかずがありがとうってメッセージを手書きでスクリーンに写したんだけど、愛が伝わったんよね。最後にゲーム好きでお金に目が無くて、意外と?笑いに貪欲なかず。そんなかずが、今から12年前24時間テレビでメンバーに手紙を書いたことがありました。

 

たぶん、僕が読むことに、みんなびっくりしているかもしれませんが、僕自身が1番びっくりしています。なので、勝手にペンが進むのを見守ってみる事にします。

今年のテーマは、誓い。考えていたら、ひとつの言葉を思い出しました。

4年前、相葉くんがこの場所で言った。
『必ずトップになろうね』
あの言葉を嘘にしない為に、この4年間なりふり構わず走ってきましたね。

皆の仕事に対しての真剣な姿勢に、勝手に感動したのを覚えています。

そもそもなぜこの5人だったのでしょう。でも、僕はこの4人とじゃなきゃ、ここまで来れなかった気がします。

リーダー。
いつも僕たちのお世話を嫌な顔ひとつせずにしてくれてありがとう。本当は1人でいたくても、いつも一緒にふざけてくれるそんな空間を与えてくれるリーダーだからこそ、ついて行こうと思えたんです。

リーダー、出会えて良かった。

翔くん。
翔くんはホントに空気の読める人です。不器用になったり、バカになったり。でも、それは本当に頭のいい人しか出来ません。そういう、みんなのためならという心の広さについて行こうと思えたんです。

翔くん、出会えて良かった。

相葉くん。
ずっと一緒にいますね。本当にずーっと。あなたは僕らにまで気を使う人だから、時々心配になります。だから、1人でバラエティをやると聞いたときは不安でしたが今や欠かせない人になったのは、あなたのその一生懸命さだと思います。仕事に対する一生懸命さについて行こうと思えたんです。

相葉くん、出会えて良かった。

潤くん。
潤くんは一見、クールで怖い感じに見られますが、非常に温かい人です。優しい人はそこらじゅうにいますが、あなたの優しさには温かさがあります。その温かさについて行こうと思えたんです。

潤くん、出会えて良かった。

もちろん、たまたま出会った5人ですが、この9年間という時間は僕らの誇りです。誓って言えるのは、『これが嵐だ』ということぐらいです。

最後に…。
一緒に番組や作品を作ってくれる。
忙しい中、支えてくれる。
帰る場所を作って待っててくれる。
いつまでも応援してくれる。
6人目の嵐の皆さん。

大好きです。
感謝しています。ありがとう。

二宮和也

 

ここまで書いてきたけど、俺が好きな二宮和也は全てこの12年前の手紙に詰まっていると思っています。大ちゃんも翔くんも相葉ちゃんも松潤もかずも、それぞれのいい所を他のメンバーも持っているし分かり合えている。だからこそ、嵐は世界に通用する国民的アイドルグループになったんだと思う。国民的アイドルグループとはいえ、実際は中年のおじさんかもしれない。だけれども、20代の彼らを知らない。知ることが出来なかった俺にとっては、可愛くてかっこよくて愛おしい。いつも輝いて、笑顔にさせてくれる彼らが大好きで魅力的なんです。相葉ちゃん、嵐を好きでいてくれてありがとう。松潤、嵐を守ってくれてありがとう。翔くん、嵐をまとめてくれてありがとう。大ちゃん、嵐を辞めないでくれてありがとう。最後にかず、嵐になってくれてありがとう。素の嵐、ありのままの自分たちを引き出してくれているのは和也だと思っています。あなたの、その姿について行こうと思えたんです。かず、出会えて良かった。いつまでもよろしくね✌️

 

 

そして、

 

 

 

 

いっつも産まれてきてくれてありがと。

 

 

▽▽▽PROFILE▽▽▽

二宮和也

1983年6月17日生まれ、A型。

 

 

 

題名 二宮和也ソロ曲【それはやっぱり君でした】

 

#ジャニブタ部

#二宮和也

#かず

#和也の日💛🎮

#それはやっぱり君でした

#俺の神様は

#やっぱり

#てか

#一生和也でした